※ 施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。お出かけの際は事前にご確認をお願いします。

新版画―笠松紫浪を中心に―開催中

新版画とは、浮世絵版画を復活させるために近代の版画家たちが制作した木版画のこと。橋口五葉の美人画、川瀬巴水の風景画、名取春仙の役者絵などで人気を得た。後進の笠松紫浪は、巴水に追随する風景画家として活躍する。やがて創作版画の時代へ変わるが、紫浪は、自刻自摺を習得し、新たな木版画を生み出し続けた。今展は、山梨県立美術館の所蔵する紫浪作品を中心に、新版画の名品の数々を紹介する。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
山梨県立美術館
開催期間
2021年9月14日(火)~10月24日(日)
09:00~17:00
休館日は月曜日(9月20日は開館)。入館は16:30まで。※新型コロナウイルス感染症の拡大の状況により、会期が変更となったもの。最新情報はホームページを参照。
連絡先
山梨県立美術館 055-228-3322
関連URL
https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/2021/172.html(外部サイト)
住所
〒4000065 山梨県 甲府市 貢川 1丁目 4 27
アクセス(車)
中央自動車道甲府昭和ICより約10分
アクセス(公共交通)
JR甲府駅バスターミナル(南口)1番乗り場より山梨交通バスで約15分、「山梨県立美術館」下車
駐車場
あり(345台)無料
参加費
一般1,000円、大学生500円 ※高校生以下の児童・生徒、県内在住65歳以上の人(健康保険証等持参)、障害者手帳を持参の人・およびその介護者は無料。
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(2件)

周辺の施設(2047件)

朝~午後の紫外線指数をチェック!紫外線指数情報
ふるさと納税の返礼品を徹底紹介!
goo of things でんきゅう