新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

甲武信ヶ岳

  • 株式会社マップル

    甲斐、武蔵、信濃の境にあることから、また拳に似た山容からその名がつけられたといわれている。それぞれの地域を代表する、笛吹川、荒川、千曲川の分水嶺でもある。日本百名山に選ばれている。

    甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)は、山梨県・埼玉県・長野県の3県の境にある高さ標高2,475mの山で、奥秩父山塊の主脈の中央に位置する。甲武信岳(こぶしだけ)とも呼ぶ。 甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)の境にあるのでこの名になっているとされる説が有名だが、山容が拳のように見えるからという説もある。千曲川(新潟県に入ると信濃川)、荒川 (関東)荒川、笛吹川(釜無川と合流し富士川となる)の水源の地。頂上に三角点はない。また、すぐ隣の三宝山のほうが標高が僅かに高い。日本百名山の一つ。 山頂からは百名山のうち43座を見ることができる。

    観光情報

    • アクセス

      JR中央本線山梨市駅からタクシーで40分

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      あり / 60台 / 無料

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング