新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

新御茶ノ水駅から徒歩5分

秋葉原駅から徒歩5分

  • 株式会社マップル

    神田川に架かる橋のひとつで、徳川綱吉が湯島聖堂を建設した際に、孔子生誕の地である昌平郷にちなんで命名された。現在の橋は昭和3(1928)年に架け替えられたもの。

    昌平橋(しょうへいばし)は、東京都千代田区にある、神田川 (東京都)神田川に架かる橋の一つ。東京都道405号外濠環状線外堀通り上にあり、上流側・下流側に歩行者用の橋(横断歩道橋#人道橋人道橋)が併設されている。橋の北は千代田区外神田一丁目・同二丁目、南は千代田区神田淡路町二丁目・神田須田町一丁目で、北側の総武本線松住町架道橋・南側の中央本線昌平橋架道橋(昌平橋ガード)に挟まれた場所にある。秋葉原電気街の南西端に位置し、上流には聖橋と総武本線神田川橋梁 (総武本線)神田川橋梁、下流には万世橋が架かる。また、橋のたもとには公園もある。 2007年(平成19年)3月28日に千代田区景観まちづくり重要物件に指定されている。

    観光情報

    • アクセス

      JR中央線御茶ノ水駅から徒歩3分

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      なし

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング