宮城野通駅から徒歩5分

仙台駅から徒歩6分

六道の辻(ろくどうのつじ、りくどうのつじ)は、江戸時代に仙台城の城下町にあった変則六叉路(実質五叉路)である。六道辻とも書いた。城下町の南北道路の傾きの異なりによってできた交差点である。場所は、現在の宮城県仙台市青葉区 (仙台市)青葉区、宮城野区、若林区の3区の区境が集まる中央 (仙台市)中央4丁目交差点から北目町ガード付近に当たる。後に、鉄道の建設と道路の整備によって、五叉路は消失した。

基本情報

情報提供元

【ご注意】

本サービス内で掲載している営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。参考情報としてご利用ください。
最新情報につきましては、情報提供元や店舗にてご確認ください。

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング