能褒野王塚古墳

能褒野王塚古墳(のぼのおうつかこふん)は、三重県亀山市田村町にある古墳。形状は前方後円墳。能褒野古墳群を構成する古墳の1つ。 実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「能褒野墓(のぼののはか)」として第12代景行天皇皇子のヤマトタケル日本武尊の墓に治定されている。別称を「丁子塚(ちょうじづか)」とも。 伊勢北部地方では最大規模の古墳で、4世紀末(古墳時代中期初頭)の築造と推定される。

基本情報

情報提供元

【ご注意】

本サービス内で掲載している営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。新型コロナウィルスなどの影響で変更となっている場合もございます。
参考情報としてご利用ください。
最新情報につきましては、情報提供元や店舗にてご確認ください。

周辺のお店・施設の月間ランキング