新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

旧古河庭園

上中里駅から徒歩7分

西ヶ原駅から徒歩7分

  • 営業時間外
  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

前へ 次へ
    バラとツツジの洋風庭園と平安神宮神苑などを手がけた京都の庭師、小川治兵衛作庭の日本庭園がある。洋館と洋風庭園は著名な建築家ジョサイア・コンドルが設計。バラは5月中旬から6月上旬、10月中旬から11月上旬が見頃。

    旧古河庭園(きゅうふるかわていえん)は、東京都北区 (東京都)北区西ヶ原にある東京都立公園都立庭園である。1919年(大正8年)に古河財閥の古河虎之助男爵の邸宅として現在の形(洋館、西洋庭園、日本庭園)に整えられた。現在は国有財産であり、東京都が借り受けて一般公開している。国の名勝に指定されている。東京のバラの名所として親しまれている。

    観光情報

    • アクセス

      JR山手線駒込駅から徒歩12分

      情報提供:株式会社マップル

    • 料金

      庭園入園料=一般150円、小学生以下無料/洋館見学料=800円/


      [備考]

      都内在住・在学の中学生無料、65歳以上は証明書持参で70円、障がい者手帳持参で本人と同伴者無料

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      なし

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング