塔世橋

津駅から徒歩12分

塔世橋(とうせばし)は、三重県津市の安濃川に架かる国道23号(伊勢参宮街道伊勢街道)の橋である。朝夕を中心に渋滞が発生する。この橋より北側を橋北地区、南側を橋内地区と呼ぶ。 最初の橋は江戸時代に土橋として架けられ、10 - 15年周期で架け替えられていた。1878年(明治11年)に板橋となる。旧橋は1934年(昭和9年)12月に国道の経路変更によってコンクリート製、延長 (日本の道路)延長90.3メートルm・幅員18mの橋として架橋され、翌1935年(昭和10年)に安濃川の拡幅により橋も延長された。現在の橋は1992年に架け替えられたが、架け替え前の欄干は太平洋戦争戦災(津空襲)の傷跡を残す津市内では数少ない文化財であり、架け替えに際し一部が移設保存された。

基本情報

情報提供元

【ご注意】

本サービス内で掲載している営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。参考情報としてご利用ください。
最新情報につきましては、情報提供元や店舗にてご確認ください。

周辺のお店・施設の月間ランキング