新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

鳥取城跡

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

前へ 次へ
    鳥取市街を一望する久松山にある城跡。現在は石垣や櫓、内堀跡などが残っている。周囲は、桜の名所で知られる久松公園として整備されている。

    鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)に築かれた戦国時代 (日本)戦国時代から江戸時代の日本の城である。国の史跡に指定され、別名は久松山城という。戦国時代から江戸末期にかけての城郭形態の変化を窺うことができることから「城郭の博物館」の異名を持つ。織田信長の中国攻めでは、家臣の豊臣秀吉羽柴秀吉が攻城戦#兵糧攻め兵糧攻めを用いて攻略した。開城後、入城した宮部継潤によって山上ノ丸の改修が行われ、江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り、麓の二の丸以下の曲輪が拡張された。現在は天守台、石垣、堀、井戸などが残る。 ファイル:Burg Tottori Plan alt.jpgサムネイル鳥取城 古絵図 ファイル:Tottori castle08 1920.jpgthumb城址から望む市街。

    観光情報

    • アクセス

      JR鳥取駅から100円循環バス「くる梨」緑コースで7分、仁風閣・県立博物館下車すぐ

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      あり / 24台 / 無料

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング