新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

吉田の火祭り、すすき祭り

  • 営業中
  • 株式会社マップル

    当日は、「お山さん」と呼ばれる神輿が神社を出発。御旅所に到着すると、高さ約3m、約70本の大たいまつに点火され、町はさながら火の海。

    吉田の火祭(よしだのひまつり)は、山梨県富士吉田市上吉田(かみよしだ)地区で行われる祭祭りである。日本三奇祭のひとつ。北口本宮冨士浅間神社と境内社(摂社)である諏訪神社の両社による例大祭で、毎年8月26日の「鎮火祭」と、翌8月27日の「すすき祭り」の2日間にわたって行われる。 火祭りの名の通り、上吉田地区の金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社にかけた約1キロにおよぶ本町通りの沿道では、高さ約3メートルの大松明70本から80本余りが燃やされ、各家ごと作られる井桁状に組まれた多数の松明も燃やされる。夕暮れ時、大松明に次々に火が点されると、吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも一斉に松明が焚かれる。麓の町と山は一体となって火祭りを繰り広げ、上吉田の町は火の海と化し深夜まで賑わう。 吉田の火祭は、北口本宮冨士浅間神社、諏訪神社、両社の例大祭としてばかりではない。祭事の背景には富士講や御師といった富士山への民間信仰や、富士五湖富士五湖地域の風俗習慣、今日もなお神仏習合の姿が見られるなど民俗学的要素も多分に含まれている。2000年(平成12年)12月25日には、国によって選択無形民俗文化財記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財として選択され、2012年(平成24年)3月8日には、山梨県内では3件目となる国の重要無形民俗文化財に指定された。文化庁による指定種別は…

    観光情報

    • アクセス

      富士急行河口湖線富士山駅から富士急山梨バス忍野八海経由御殿場駅行きで6分、浅間神社前下車すぐ(北口本宮冨士浅間神社)

      情報提供:株式会社マップル

    • 料金

      要問合せ

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      あり / 500台

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    • お店/施設名

      吉田の火祭り、すすき祭り

    • 住所

      山梨県富士吉田市北口本宮冨士浅間神社、国道139号周辺上吉田地区

    • お問い合わせ電話番号
      番号を表示する

      情報提供:株式会社マップル

    • 営業時間
      火祭り(26日)は15:00~、すすき祭り(27日)は13:30~20:00

      情報提供:株式会社マップル

    • 定休日

      情報提供:株式会社マップル

    • ジャンル

    情報提供元

    【ご注意】

    本サービス内の営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。参考情報としてご利用ください。
    最新情報につきましては、情報提供サイト内や店舗にてご確認ください。

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング